短くてマイナーな怖い話を貼っていく2

34: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:27:04 ID:8di

『100人の村』

世界がもし100人の村だったら
8人は与えられたばかりの生をまだ理解できない者
42人は生を理解していないが充実した生を送っている者
45人は生を理解せず怠惰な生を送っている者
5人は生と死とは何かを悟った者
4人は自分の死を未だ理解していていない者である

35: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:27:52 ID:eLY
>>34
怨J民やん

 

36: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:28:21 ID:8di

『鳴らす部屋』

目が責めると知らない部屋にいた。
ドアも窓も無い白く四角い部屋の中
狭い部屋の真ん中に一枚の紙だけが落ちていた
「聴こえてくる音と同じ音を鳴らして下さい」
「同じ音を鳴らすのを辞めれば毒ガスが出てあなたは死にます」
見ると天井の端に小さな通気孔がある
天井は妙に高く通気孔には届きそうにも無い
全く意味がわからない
一体何がどうなっているんだ?
考えを巡らせながら、とにかくジッと耳を澄ましていることにした
この紙に書かれた通りに音が鳴るのを待つしか無い
それがきっと脱出のきっかけになるはずだ

一体何時間経ったのだろう
何もせずただジッと耳を澄まし続けていたが、もう限界だ
俺がこうやってジッとしているのをどこかでニヤニヤしながら見ているに違いない
「ちくしょう!!何なんだ!!出してくれ!!」
堪えきれず壁を思い切り叩きながら思わず叫んでしまった
すると程なくして四方から壁を叩く音と共に叫び声が聴こえてきた
「ちくしょう!!何なんだ!!出してくれ!!」
「ちくしょう!!なんなんだ!!だしてくれ!!」
「ちくしょう!!なんなんだ!!だしてくれ!!」

 

37: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:29:51 ID:hpa
>>36
すこ

 

39: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:31:18 ID:5uK
>>36
小峠の声で脳内再生された

 

41: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:32:25 ID:VsX
>>36
中国語の部屋みたいやな

 

38: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:30:13 ID:E6l
同じ人間が何人もおるってことなんかな

 

40: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:31:38 ID:8di

『山奥の薄野原』

友人の話。
彼の家の近くの山には、広い薄野原がある。
秋に薄の穂が風に揺れている風景、それを見るのが好きなのだそうだ。
しかしそこで、一度だけ嫌な思いをしたことがあるらしい。

ある年、彼が薄野原の中をのんびり歩いていた時のこと。
横手からガサリ!と音がして、穂が作る波の上に何かが突き出された。
ざんばら髮、土色の肌。間違いなく人の生首。

ギョッとしたのも一瞬、すぐに正体に気がつく。
マネキンの頭だ。
誰かが棒の先に人形の頭部をくっ付けて、それを薄の間から現したのだ。
こんな趣味の悪いことをする奴ァ一体誰だ?気の強い彼は腹を立て、首の出ている場所に向かって走り出した。

到達する寸前に、ササッと首は引っ込められた。
見当を付けた辺りを探し回ったが、悪戯を仕掛けた人間は見つからない。
諦めて歩き出すと、背後からまたガサリと音がする。
あの首が、高みから彼を見つめていた。全速力で追いかけてみたが、目前でやはり薄の中へ姿を消す。
そんな追いかけっこが、何回かくり返されたという。

その内、嫌なことに気がついた。
首が突き出される場所までの距離が、少しずつ彼に近づいて来ている。
マネキンの表情が段々詳しく見えるようになっているのがその証だ。
そして現れる度に、首には黒い筋が増えていた。今ははっきり見える。
傷だ。何か鋭い物で引っ掻いて削ったような。

何故なのか理由はわからないが、彼をからかっている者は、首を隠す度にその首に切りつけている。
それに思い至った途端、怒りよりも気味悪さが勝ったらしい。もうこれ以上は関わらずに、即行帰ることにした。

ガサリという音は完全に無視して、野原を突っ切る。
入口の山道、車を停めた辺りまで足を運ぶと、いきなり何かが飛んで来た。彼と車の間に落ちてくる。
ズタズタに刻まれた、マネキンの頭部。
さっきまであった両目が、綺麗に抉られていた。

走り出したくなるのを押さえて、ゆっくりと首を迂回した。
そのまま車に乗り込むと、すぐさま発進させて山を下りる。
バックミラーに移る薄野原には、誰の姿も見えなかった。

流石にその年は、もうそこには出かけなかったそうだ。
まったく、変質者があんな山奥まで出張ってくるなよな。彼はそうぼやいていた。

 

45: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:34:36 ID:hpa
>>40
これって何か意味あるんか?

 

47: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:34:58 ID:E6l
>>40
そのマネキンの首は自分のアレなんやろなぁ

 

42: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:33:31 ID:9Vf
ロアみたいやな

 

43: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:33:53 ID:8di
ロアもちょくちょく混ざってるで

 

44: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:33:58 ID:y8v
どこで集めたんや?

 

46: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:34:56 ID:8di

『被害者の写真』

ある誘拐殺人事件は、報道の範囲の例としてしばしば引き合いに出される。
被疑者の自室が暴かれたことも問題視され、マスコミ各社に講義が殺到したが、一番多かった問い合わせは
「テレビに映し出された被害者の写真がまばたきした」というものだったことは知られていない。

 

48: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:35:50 ID:8di

『未来予想』

CIAが超能力を真面目に研究し、それを軍事転用できないかと本気で考えていた1985年頃の話。
未来予知や予言が出来る超能力者に「100年後の最新兵器の設計図」を「透視」させる実験が行なわれた。
厳選に厳選を重ねて集められた12人の超能力者に(互いの能力が影響しないよう)個別に透視させた結果───
12人全員が「石弓」の設計図を描いたそうである。

 

49: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:36:26 ID:4sw
>>48
一回全部滅びるんか

 

50: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:37:05 ID:8di

『青手』

69 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 22:26:40 ID:2ar1zkF3O
小さいとき、田舎の祖父の家によく遊びに行っていた。
いつも祖父の畑仕事についてってた。
祖父の畑のそばには、周囲の畑の持ち主共同のトイレがあったの覚えてる。
子どもの俺はイレギュラーに便意をもよおしていたため、畑のそれは非常にありがたかった。

だがそこを使うとき、祖父がいつもこう言っていた。
「あの便所には青手がおる。下からぬっと出てきて、ちんちんを引っ張って下に引きずり込もうとする。
でも、下をずっと見ていれば絶対に出てくることはない。
だから、絶対に最後まで便器の中を見とくんやぞ」

青手とは妖怪の一種みたいなものだろうか?
こんなことを、祖父は何度も何度も真剣な顔で言うものだから、
小さかった俺はトイレをしている最中、一切下から目を離すことはなかったw当たり前だw
いま考えると、ずっと下を見ていたところで何の意味があるのだろうwてか青手ってなんだ?!
そもそも、外でトイレするのがよっぽど嫌だったのか、わざわざ怖い思いしてw
怖がらせようと必死な祖父が懐かしい・・・

78 :本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 01:50:27 ID:nNE7NLo3O
>>69
そのトイレがボットン便所だったとしたらなんだけど、
妖怪とかの話で怖がらせて便器に注目=誤って便器に落ちないように注意させる為なんじゃない?
危ないから出来るだけ使用させない様にしたかったとか。

83 :本当にあった怖い名無し:2009/10/12(月) 10:45:01 ID:GTRhtwSzO
>>78
そもそも青手なんて出ない。
祖父の目的は、

¨頭上¨に現れる恐ろしい¨何か¨を見せないために必死だった。

 

52: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:41:06 ID:8di

『竹田の肝試し』

「出る」と評判の廃屋で、俺たちグループの中でもいちばん気が強く、心霊現象完全否定派である竹田が、
夜に一人で肝試しをすることになった。
他愛ない雑談から、いつのまにかそういう話になってしまったのだ。
「やめといた方がいいって」と俺たち四人は引き留めたが、竹田は鼻で笑い、
「じゃあ、必ず約束守れよ。俺が一人きりで朝まであそこで過ごせたら、お前らは俺に二千円ずつ払う。
もし俺が逃げ出したりズルをしたら、俺がお前ら全員に二千円ずつ払う。
証拠のハンディカムはちゃんと回しとくから」

『……っと、位置はこのへんでいいか。映ってるよな?
つーわけで、一人肝試しのはじまりはじまり。拍手~。
ハァ、朝までヒマだね、しかしこれ。
携帯もノートパソコンも駄目とは、自分で言いだしたものの、チト厳しい縛りだったかな。まあいいや。
さて、と。
このままボーッとしてるのもなんだからさ、ひとつ俺が、そう、霊なんか一切信じてないこの俺が、
とっておきの『怖い話』をしてやるよ。
お前らのこと。お前たち『四人』の話。
……お前たち、まだ気づいていないのか?
違うだろ。本当はとっくに気づいてて、なのに知らないふりをしてるだけなんだよな。
……なあ、正直に言うよ。俺はいま、怖くてたまらない。
この廃屋がじゃない。お前たちが、だ。お前たちの視線が。
いま、こうしてお前たち『四人』に、俺を見られていることが。
怖くて怖くて死にそうだ。ずっと前から。
…………
どうやら賭けは俺の負けだな。ちゃんと払うよ、六千円は』

結局、竹田は俺たちに金を払うことはなかった。
ハンディカムの映像だけを残し、あの夜に廃屋から出たあと、突然失踪したから。
行方はいまだに知れない。

いまでもたまに俺たち四人は、竹田の残した映像を見る。
そのたびに不可解な気分にとらわれる。
いったい竹田は、俺たちの何がそんなに怖いのだろう。

 

56: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:46:00 ID:hpa
>>52
検イケやんけ

 

68: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:06:44 ID:KmZ
>>52
これって4人のうち1人幽霊って事なんか?
それだけやと何か不可解やな

 

70: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:09:17 ID:Rmj
>>68
4人は幽霊で自覚がないんやろ

 

71: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:10:19 ID:E6l
>>70
でもそれやと6000円払うってとこが腑に落ちん

 

73: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:10:58 ID:KmZ
>>70
4人全員幽霊やと6000円が噛み合わんくない?
俺たち4人が引き止めたとか言うとるし計5人なわけやろ?

 

90: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:32:38 ID:YC8
>>52
六千円払いたくなくて嘘ついた説

 

147: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:32:51 ID:DQY
>>52
だれか解説頼む

 

148: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:33:14 ID:C4a
>>147
4人が幽霊説

 

150: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:34:24 ID:Lrl
>>147
竹田以外死んでる

 

152: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:37:17 ID:jS3
>>150
俺たちの中に1人幽霊がいるんやろ

 

154: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:40:16 ID:Lrl
>>152
そうや
6000円で気づくべきや

 

156: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:44:11 ID:cLs
>>154
竹田が怖かってるのはこの話が怖いことと関係ないんか?

 

163: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:53:16 ID:hpa
>>156
四人の中に1人幽霊が混ざってるのに何食わぬ顔でいるのが怖いんや

 

53: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:42:04 ID:8di

『遺影の口』

ずっと昔の話。
小学1年の時に祖母が亡くなり、仏壇のある部屋でお坊さんがお経を唱えてた。
すると、お経に合わせて祖母の遺影の口が動いてる…。
その場では遺影がお経を唱えてるなぁ~なんてぼんやりと考えていて、その後の昼食の時にイトコのお兄さんにその事を話した。
意味が伝わらなかったのか、子供の戯言かと思われたのか分からないが「そんな事もあるんじゃない」と言われたもので、私も「そうなんだ」と納得して終了。

その2年後、今度は祖父が亡くなりました。
すると、またお経に合わせて祖父の遺影がパクパク。
しかも仏壇沿いの壁に掛けられていた祖母、曾祖母、曾祖父の遺影までパクパク。
さすがに異様な感じがしたので母にその旨を伝えようとしたが、めちゃめちゃ怒られたのでそこで終了。

それ以来お葬式に行くことがなかったので今はどうなのか分からないけど、妙な体験でした。

 

54: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:44:49 ID:9Vf
>>53
パクパクしとるだけなんか?

 

55: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:45:19 ID:8di

『かわった日』

小学校に上がる前だと思う。
ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。
家中を見て回るが誰もいない。
不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。
どんなに激しく揺り動かしても、ぐにゃり、ぐにゃり、とするばかりで死んでいるかのようだ。

私は怖くなって家の外に出た。雨が降っていて薄暗かった。
家の周りを泣きながら歩き回ったが、家の外にもまったく人の気配はなかった。
泣きながらまた家に帰り、ぐずぐずしていると、ふいに両親が現れた。

「どこにいってたの」と聞いても答えてくれず、
「お父さんはここにいるよ」「お母さんはここにいるよ」と答えるばかりである。
訳が分からなかったが、とにかく両親は戻ってきて私は安心した。
そこに兄が現れた。兄の顔を見た私は息を飲んだ。
そこにいた兄は兄ではなかった。
背格好は似ている。しかし、昨日までの兄、さっきまで隣で寝ていた兄と顔が全然違う。
目つきがきつい。鼻が細く高い。ほほがこけている。髪がぺたんとしている。

あの不思議な朝のようなことは、あれが最初で最後だった。
しかし兄自体は、それからもずっと兄とは思えない男の子のままだった。

 

80: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:21:49 ID:C4a
>>55
この手のって証明されていたような

 

84: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:25:37 ID:JQg
>>80
教えてクレメンス

 

151: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:35:30 ID:C4a
>>84
一種の精神病で
記憶が二重持つ人とかおるんや

 

162: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)17:52:42 ID:JQg
>>151
サンガツ!

 

57: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:46:19 ID:8di

『幽霊ごっこ』

南洋諸島のある島の子供たちは、幽霊ごっこをして遊ぶ
ルールの基本は単純な鬼ごっこなのだが、鬼が独特の掛け声をかけつつ走り回る
それは「グンソウドノ」「オイテカナイデ」「ミズヲクダサイ」というもの
もちろん、子供たちはそれが日本語だということを知らない

 

58: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:48:44 ID:8di

『リモートコントロール』

変な夢なら見たことあるわ。
TVのリモコンなんだけど、
1を押すと母親が一階から自分を呼ぶ。
3を押すとケータイが鳴る。
4を押すと何故だか自分で部屋の電気を消す。
9を押すと呼吸ができなくなり死んでしまう夢だった。

先日、何気無くTVをみてて1チャンに変えてみた。
そしたら一階から自分を呼ぶ母親が・・・
まさか正夢?とか思いながら、興味本意で3チャンに変えてみる。するとケータイが・・・
信じられないくらい焦って、確認の為に4のボタンを押して、部屋の電気を自分で何故か消してしまった。

それ以来9は絶対に押せない。
リモコンはチャンネル切り替えしか使えなくなった。

 

59: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:50:32 ID:8di

『いもうと』

俺の家にいもうとが居て、いもうとと言っても人間じゃなくて、
何か赤ん坊くらいの大きさがある、照る照る坊主みたいな奴だった。
下の方のスカートみたいな部分を丸く結んだ感じ。まあつまり、『i』みたいな形の奴。
それを母親は「いもうと」と呼んでた。
俺がずっと小さい頃からそうだったから、幼稚園の頃まで俺は『あれ』が妹なのだと思ってた。
幼稚園にいる他の子で「妹がいる」と話す奴が居ると、あいつの家も『あれ』があるんだと思っていた。
俺の家の『いもうと』は、食卓に座ったり、ソファに腰掛けたり、家族として扱われているようだった。
食事時になると、母がそれを椅子の上に置いたりしてた。
そして、「いもうとが置いてある」みたいに俺が言うと、母はいつも怒った。
『座る』じゃないと駄目らしかった。

ある日。幼稚園で何かの拍子に、『妹』は普通『人間』だと知って、母に尋ねた。
「あれはいもうとじゃないよね?」みたいな風に。
そしたら母は猛烈に怒った。
「ふざけるな、何を言ってる。あれは絶対“わたしたちのいもうと”なんだ」と。
後から考えると変な言い方だった。
『わたしたちの』

こっぴどく叱られた後、それでも懲りず父親に同じ質問をした。
そしたら今度は、普段元気な父が、何か言いたいが言えないみたいな顔になって、
何も言わずに部屋にこもり、丸一日出てこなかった。

小3の時に、父が死んで三日もしない内に、母親と一緒に近くの山へ車で行った。
見晴らしのいい崖みたいな所で車が止まった。
いつも『いもうと』は外出しなかったけど、この日だけは車に乗ってた。
母は車から『いもうと』を降ろし、「あんたはここに居なさい」と言う。
何をするのかと思ってたら、
いもうとの首と胴体がくびれてる部分を、ばちんとハサミで切って、投げ捨ててしまった。
母はいつも『いもうと』を大切に扱ってたから驚いて、「いいの?」と訊くと、
「おとうさんが死んだから、もういいの」と言われた。

それから、母との間で『いもうと』の話は一切出なかった。
あれは一体何だったのか尋ねようとしたけど、先延ばしにしてたら去年母が死んだ。
この話、友人に話しても何が怖いのか訊かれる。俺自身は結構怖い。
何かの宗教とも思えないし…。何か解る人いない?いなさそうだけど。

 

60: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:51:59 ID:EU9
>>59
水子やろ
父の方が執着してるのがアレだけど

 

61: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:52:45 ID:qsj
勝てそうな相手を見つけて打ち負かす
たとえばお前とか

 

62: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:54:38 ID:8di

『CD』

ある女性がお気に入りのCDを再生すると、CDに傷がついてしまったのか。
「さよなら、さよなら、さよなら」と、同じ箇所を繰り返し再生するようになってしまった。
その後あることに気付いた彼女は青ざめた。そのCDに「さよなら」という歌詞がある曲はなかったのだ。

 

63: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:55:51 ID:8di

『開かずのマンホール』

某県某市に、決して開かないマンホールがある。
その厳重さは、マンホールの内部に鉛を注入してある程である。
そして、そのマンホールの内側から何か物音を聞いた者もいるそうだ。
その地下には下水もガス管も地下鉄も存在していない 一体何に蓋をしているのだろうか

 

64: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)15:56:36 ID:8di

『羊』

小学生の頃の冬の話、母親は台所で料理してて俺はテレビを見てた。
インターホンが鳴って、母親が出た。どうやら父親がいつもより早く帰ってきたらしい。
手が離せないからと言われ、俺は玄関の鍵を開けに向かった。
廊下の奥からドアを叩く音と、寒いー早く開けてくれーという父親の声が聞こえた。
小走りで廊下を駆けて、玄関をあけた。
父親の顔をした羊が俺の目の前にいた。

ドアを閉め一目散に逃げたが、母親は父親が帰ってきたと思っているので
なかなかリビングに来ない父を迎えに玄関へ行った。
鍵が開いているのに開けてくれと言ってるのを不審に思ったのか、母親はドアスコープから外を見た。
途端に悲鳴をあげ俺を抱えてリビングへ逃げた。
いそいで父親の会社に電話を掛けると、父親は会社にいるという。
玄関の外の声は確かに父親だったのにだ。

何分経ったかわからないが母親と抱き合ってじっとしていると、再びインターホンが鳴った。
母親の尋常でない慌てぶりと、ドアの外に何かいるという事を聞いた父親が
どうやら通報したらしく、警察の人が来ていた。
玄関口で警察と話していると父親が慌てて帰ってきた。
警察はまた不審者が来たら迷わず通報してくださいと言って帰った。

母親の話ではマンションの廊下を羊が埋め尽くしていて、中には俺や母親の顔をした羊もいたらしい。
父親の声を使ってドアを開けさせておいて我が家を乗っ取る計画だったのかと思った。
うちの家族だけでなく廊下を埋めるほどの羊がいたということは
ほかの住人は既に入れ替わっていて羊の家族と過ごしているのかもしれないと思うと
思い出して怖くなったので書いた。

 

82: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:24:57 ID:C4a
>>64
これすこ

 

65: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:01:33 ID:8di

『ノック』

これは友達から聞いた話。
受験勉強のために部屋で猛勉強してたら、夜中の二時ごろに部屋のドアをコンコンとノックされて、
「○○、夜食持ってきたからドア開けなさい」って母親が言ってきた。(ドアにはカギがかかってる)
でも○○クンはちょうど勉強に区切りの良いとこで休憩したかったので、「そこに置いといてお母さん」って言った。
そしたら、お母さんがそのまま階段をトントン降りていく音が聞こえた。

それから三時ごろになってまたお母さんがドアをノックして、
「○○、おやつ持ってきたからドア開けなさい」って言ってきた。
でも○○クンは「オヤツなんて別にいいよ」って答えた。
そしたら、
「うるさい!いいからここ開けなさい!!開けろっ!開けろぉ!!!!」って、急にキチガイのように怒鳴りだした。

○○クンはびびって、開けようとしたんだけど、なんだか嫌な予感がして開けなかった。
そしたら、今度は涙声で「お願い……○○……ドア開けてぇ……」って懇願してきた。でも開けなかった。

んで、そのまま10分ぐらい経った後、「チッ」って母親が舌打ちして、階段をトントン降りていった。
でもそれからすぐに○○クンは思い出した。
今、両親は法事で田舎に帰っているということに。

あのときドアを開けていたらどうなっていたかと思うと、○○クンは震えたそうな。

 

66: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)16:04:10 ID:E6l
夕方ってなんか時折深夜より怖いよね

 

転載元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526795884/