短くてマイナーな怖い話を貼っていく5

167: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:00:53 ID:8di

最後にクッソ有名だけど好きなやつ

『廃墟の落書き』

俺が小学生の頃の話。
俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日、俺は友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に「わたしは このさきの へやに いるよ」と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に「わたしは ひだり に いるよ」と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に「あたまは ひだり からだは みぎ」と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に「わたしの からだは このしたにいるよ」と書いてあった。
下を見ると、

「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」。

俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。

174: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:05:53 ID:SB8
>>167
「わたし」策士だな
いい具合に薄気味悪い話ばかりで楽しかったで
1センスいいな

 

168: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:01:00 ID:8di
おしまい

 

176: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:08:40 ID:C4a

ワイの知人(以下 知人)の体験談(フェイク有り)

トッモは両親共働きだし、幼少期から家の事はすべてやってるような人だった
トッモの両親はトッモが中学生くらいから行方不明になっていた
無理が祟って、休みの日や学校から帰宅後はトッモは寝込みがちになった
トッモの家に遊びに行った日の事
その日の夜、知人は金縛りにあった
それも不思議な金縛りで腕と首と顔だけが動かないだけ
足は動くから仕方無く家の中をうろうろしようと思った
見ず知らずの男女がいた
しかし女の方はトッモにそっくりだった
2人で引き出しの中を漁ってる
そこで知人は起きた
翌日、休みだったので2人で昼飯を食べに行こうと話になった
しかし、家の中にあるトッモの金目のモノが全て無くなってる事に気づいた、トッモ
仕方無く知人はトッモに奢った
K殺に来てもらったが、家族以外に指紋は無かった
知人はK殺にその話をした
トッモは知人の話を聞いて驚いた
知人が見た男女がどう考えてもトッモの両親の特徴に当てはまるからだ
ほどなくしてトッモの両親は捕まった
なんと、トッモが中学生の頃、行方不明になったくらいから893と繋がり違法薬物を使用していたのだ
トッモは893とも違法薬物とも無縁だったので、かねてからお世話になっていた、親戚の家に戸籍を写した
ふと知人はある事を思った

あの日の夜、知人は幽体離脱していたのでは?
虫の知らせで幽体離脱したままトッモの両親の裏の顔を見たのでは?

ということを

 

183: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:15:43 ID:Lrl
ワイの怖い話は体験学習で田舎に行った時や
みんなで渓流で遊んでたら友達に押されて川の中に入ってしまったんや
びちょびちょになって立ち上がったらみんないなくなってたんや
隠れてるんやろかと思ったけどバケツとか靴とか置いてあるしみんな泊まってるとこに戻ったのかと思ったんや
ほんでバケツと靴放ったらかしにして戻ったらやっぱりみんないてな、ワイだけ1人にしてズルいわ~って言ったら
みんなびっくりした顔して、「え、ワイくんさっきまでここにいたよね」って
え?川で遊んどったよね?って言ってもみんな知らん顔してて、バケツと靴置いとったやろ!!って言って先生連れ出して見に行ったら何一つ残ってなくてな
誰がワイを押してワイは今まで誰と遊んでてさっきまでみんなといたワイは誰やったんやろうか
もう一人の自分は絶対いるで

 

184: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:18:40 ID:24d

怖いっていうか不思議な話やけど

小さいころ両親に挟まれるような形で寝てたんよ
ふと喉渇いて夜に目が覚めて1階に降りようとしたら電気がついてた
ぼんやり人影が壁に映ってて包丁でまな板叩いてるような音がしてたんや
最初はマッマかと思ってたんやが降りてくる前に一緒に寝てたこと思い出して二階に駆け上がったんや
結局両親はそこにおったし間に飛び込んで寝たんやが、あの人影はなんやったんやろ?
それっきりやったしなぁ

 

185: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)18:30:42 ID:8di

長かったり有名だったりで直接は貼らないけど好きなやつ

『真夜中の宴会』
http://nazolog.com/blog-entry-1114.html

『折り詰め』
http://nazolog.com/blog-entry-2913.html

『僕のお母さんですか?』
http://nazolog.com/blog-entry-1804.html

 

196: 名無しさん@おーぷん 2018/05/20(日)21:45:15 ID:QZS
家を出た後気がついたら見知らぬ場所に立っていて、服装も所持品も家を出た時とは異なっていて、持っていた携帯の電話帳にはひらがな一文字だけの見知らぬ番号が登録されていて、家を出た時より数年時間が経過していた
って話好き

 

200: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)16:44:37 ID:AKI

>>196
カニなんちゃら
やな

漫画で読んだわ

 

201: 名無しさん@おーぷん 2018/05/21(月)17:21:13 ID:AKI

黒鷺死体宅配便の15巻

なんやっけ
まあええや

 

202: 名無しさん@おーぷん 2018/05/26(土)18:23:53 ID:359

7歳の時のおかしな実体験

不気味な音が聞こえたので、後ろを見たら
緑色でゲル状の物体が歩いてきてた。

怖くなって逃げたが、捕まってしまい、そのまま喰われた。
目が覚めた、まぶたを閉じると、また不気味な音がした。

逃げたが、また喰われた。そして目が覚める。夢から覚めてる。
夢ではない、まぶたを閉じると、また不気味な音がした。

目が覚めた、ほっぺをつねる、普通に痛い、なんか変だ、一回起き上がろう、まぶたを閉じると、また不気味な音がした。

急いで逃げて、机の下に隠れてたが、見つかり喰われた。
目が覚めた、絶対におかしい、すぐに起き上がった。部屋を出ようとした時、まぶたを閉じると、また不気味な音がした。

 

転載元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526795884/